人気ブログランキング |

ガビーン!

先日収穫して、ジュースにするために実家に持っていった人参…。昨日、母から
電話が来て、『あの人参、ちっともジュースが出てこない』 と言われた。なんでも
8本の人参をジューサーに入れてキュイーンとやっても、出てくる果汁は、わずか
50ccほどだと言うのだ。
a0008185_1051584.jpg


見た目は普通の人参(っていうか、売ってるのより立派。規格外だけど)なのに
そんなことってあるのか?と思い、カレーに入れて煮て食べてみたのだが…。

すっごい不味い!不味いなんてもんじゃない!味うんぬんよりも、食感の悪さが
半端じゃない。この食感、例えて言うなら 『ボケたリンゴ』 という感じ。モサモサで
甘みも少なく、とにかく瑞々しさがカケラもない。いったい、どうしちゃったんだろう。
今年は北海道とは思えないような高温多湿で、根菜の生育が良くないと聞くが
この美味しくない人参も、そういうことが影響しているのかなぁ。

普段、食べ物に文句を言わない夫でも 『これは食べられるレベルではない』 と
言う始末。まだ、畑にはたくさんの人参が植わっている。恐らく、その全てがこんな
感じだろう。正直、これを 『我慢して食べ切る』 という選択肢はない。絞ったって
果汁も出てきやしないんだから、ジュースにして飲むという選択肢もない。

さて、どうしたもんか?捨てるしかないのか?う~ん…。

もしかして動物なら食べてくれるかも?と思い、円山動物園に電話をして聞いて
みたら、『市民からの寄付(お金や野菜等)は有難く受け付けているが、現物を
見てから判断させてもらいたい』
とのこと。そりゃあ、そうだよね。

とりあえず、寄付をする場合の申請書をサイトからダウンロードして記入し、直接
動物園まで人参を持参することにした。美味しくない人参なので、動物に食べて
もらうのも気が引けるが、ちゃんと洗って葉っぱを取ってキレイにして持っていくので
飼育員さんのお眼鏡に適って、引き取ってもらえると嬉しいな。
a0008185_9585442.jpg

by mintbox1 | 2010-08-31 10:03 | 畑仕事 | Comments(10)

初めての経験

今まで、畑をやってるブロガーさんが 『野菜をカラスに食べられた!』 と書いてる
記事を読んだり、ホームセンターで『防鳥ネット』なるものを売っているのを見たり
しても、いまいちピンと来なかった。何年も畑をやっていて、一度もカラスの被害に
遭ったことがなく、北海道のカラスは畑の野菜を盗らないんだと思い込んでいた。

ところがどっこい。私の大切な大切な大切な真っ赤に熟したトマトを、糞カラスが
突いて穴あけて食べていやがったのですよっ!キィィィー!
a0008185_10545194.jpg
そういえば昨日、隣の畑のトウキビの畝間を、カラスがウロウロしているのを見た。
あれはもしや、トウキビを狙っていたのかも?と思い、お隣の畑を確認してみたら
案の定トウキビが、それも一番上に着果している収穫用のトウキビが、無残にも
ガシガシと食い荒らされているではないか!気をつけて見てみると、そこらじゅうの
畑のトウキビというトウキビが被害に遭っている。

夫はすっかり怒ってしまい、畑で悪さをしているカラスを見つけると、そのカラスに
投石するのだが、投げた石がカラスのいる場所まで届かず『グウェ~グウェ~』と
カラスに嘲われる始末。中学時代、学校一の強肩(本人談)だったにも係らず
寄る年波には勝てないのか。哀れ、オッサン…。

その後、何度か、オッサン投石→カラス嘲って逃げる→オッサン懲りずに投石→
カラス嘲って逃げる…を繰り返したが一発たりともカラスに命中せず。賢いカラスの
ことだから今頃カラスの間で、うちの夫は 『肩の弱いオッサン』 と呼ばれているに
違いない。

それにしても、このカラスの被害をどうしたもんか…。カラスのくちばしが届きそうな
場所を、パオパオでグルっと囲ってみようか。
by mintbox1 | 2010-08-29 11:19 | 畑仕事 | Comments(12)

自家製トマトジュース

冷蔵庫の野菜室の中に鎮座する、30個ほどの桃太郎。夫は 『朝食と夕食に
食べれば食べきれるはず』 なんてことを言うが、朝と晩で3個づつ食べたとしても
一日に消費できる数は6個。お向かいさんに4個あげ、会社に10個持ってったと
しても、20個のトマトをさばくのが限界だ。毎日、最低でも30個のトマトが収穫
できるから必然的に10個のトマトが野菜室へ…。もう、トマトなんか見たくもネ。
で、ほっこりさんに丸投げ(笑)された、トマトジュースを作ってみることにした。

桃太郎を切ってミキサーでガーッとやり、ムーランでグリグリして皮と種を取り除き
アクを取りながら(煮てる途中はフワフワの泡や、アクがたくさん浮いてくんのよ)
全体の量が4分の3くらいになるまで煮詰めて塩で味付け。あらやだ、美味しい。

ミキサーでガーッとやっただけでも飲めるみたいだけど、火を入れずに保存すると
分離しちゃうらしいし、ちょっと煮詰めたほうが味が濃くなって美味しかろうと思い、
この方法で作ってみた。

30個ほどのトマトから出来たジュースは、500mlのペットボトルに2本強。手間と
出来上がり量のバランスも悪くない。ジュースの横は朝採りのエダマメを、ゆでて
麺つゆに漬けたもの。塩味で食べるのも美味しいけど、これも美味しいよ。
a0008185_9273484.jpg

a0008185_9305855.gif

今まで、一度も上手に作れたことがない人参。今年は初めて人参らしい人参の
収穫に成功。実家に持っていく(母が人参ジュースにする)ので、キレイに洗って
水気を拭いて、ちょっと日に当てて乾燥させてます。
a0008185_9303535.jpg
いくら上手く出来た(ワタシ的には)とは言っても、これが店頭に並べば規格外で
ハネ物のC級品に違いない。それを思うと、きっちり同じサイズ・形で、真っ直ぐで
皮のキレイな人参を作ってる農家の人って、本当にスゴイなぁとつくづく思う。
by mintbox1 | 2010-08-27 09:42 | cooking | Comments(6)

トマトソース

畑には、完熟したシシリアン・ルージュが鈴生りだし、トマトとトマトの株の間には
コンパニオンプランツとして植えたバジルがワサワサ。そこで、トマトソース作り。

画像ではピンとこないかもしれないが、このステンレスボウルの直径は38センチ。
そこに、ほぼ8分目のシシリアン・ルージュ。ボウルの大きさの目安にTVリモコンを
置いてみたが、あんまり意味なし。
a0008185_14242824.jpg


ひとつひとつ皮を剥いて(タネはそのまま)、ヘタの部分を切り落とし、オリーブ油で
にんにく・鷹の爪を熱しトマト投入。クツクツ煮込んで最後にバジルと塩。これで
甘さと酸味のバランスが絶妙のトマトソースが出来上がり。塩だけで味付けした
とは思えないほど。シシリアン・ルージュ恐るべし。容量450mlの瓶が6本完成。
a0008185_14325799.jpg


瓶の裏側に製造責任者、製造元住所、保管上の注意のラベルも貼ってみる。
冗談で作ったラベルなので、このソースをお裾分けした先からのクレームなどには
いっさい応じませんw
a0008185_1442545.jpg

by mintbox1 | 2010-08-25 14:44 | cooking | Comments(6)

ゴーヤーの甘酢漬け

今年の暑さで、畑の様子もいつもと違う感じ。オクラやゴーヤーといった、南国の
野菜の成長が著しい。ゴーヤーは毎日2~3本採れるので佃煮などにも加工。
色々と作ってみて、とても美味しかったのがコレ。ゴーヤーと玉ねぎの甘酢漬け。
a0008185_8151742.jpg
暑い日に作る、辛いカレーの付け合せなどにピッタリ。上から黒コショウをたくさん
挽いてスパイシーにするのも、また良し。
by mintbox1 | 2010-08-24 08:18 | cooking | Comments(2)

ラーメン・はな丸

なんだってこう毎日、ジメジメと暑いんだろ…。朝、洗濯をしてベランダに干して、
干してる最中に暑くてまた汗だくになって、汗だくになった服を脱ぎ、また洗濯して
それをベランダに干して、また汗だくになって、また洗濯して…の、無限ループだ。
せめて、北海道らしく湿度でも低けりゃ、ちょっとは過ごし易いんだけどなぁ。

特に昨日の蒸し暑さたるや、若者が言うところの 『マジハンパネー』 暑さ。この、
マジハンパネー暑さの中、ラーメンを食べに行くワタシって、マジハンパネー。

札幌市清田区美しが丘の 『はな丸』 というお店。純連の元店長さんがやってる
お店だけあって、味は純連系でコッテリ濃厚。
a0008185_10464828.jpg

丼の上を覆っている油で湯気が立たない。週に何度もラーメンを食べるのならば
あっさりしたラーメンも良いのかもしれないが、せいぜい月に1~2度しか食べない
のだから、こんなコッテリ系のラーメンもいいよね…と、自分に言い訳。
a0008185_1047320.jpg

中太のちぢれ麺もモチモチで美味。小さい頃から札幌ラーメンを食べ慣れている
ので、やっぱりこういう中太でちぢれた黄色い卵麺で、味は味噌が好き。
a0008185_10471527.jpg

by mintbox1 | 2010-08-23 10:54 | 美味しいもの | Comments(0)

今期初のトウキビを収穫。今年も味来(みらい)という生食も可能な品種。この
品種は甘さはもちろんのこと、それ以上に嬉しいのは 『小ぶり』 であるということ。
果物のように果汁たっぷりで、特に採り立ての茹で立ては梨にも匹敵する感じ。
a0008185_845388.jpg

春に、お向かいのマンションに住んでるご夫婦と顔見知りになったので、たまに
朝採り野菜をお裾分けしてるのだが、差し上げた野菜がキムチやナムルになって
返ってくる。手作りのキムチやナムルなんて、あんまり食べたことがないし、それが
また、とても美味しいからすごく嬉しい。藁しべ長者みたいで、何か得した気分。

キムチを漬けるくらいだから、もしかしてうちの畑の、食べると火を噴いちゃうような
激辛唐辛子も食べてもらえるかも?と思って持って行ったら、『こういう辛いのが
イイんだよねー』 と喜んでもらえた。冬になる前に本格的なキムチを漬けるんだ
そうで、その時はうちにもくれるんだってさ。待ち遠しいなー。
a0008185_8232076.gif

毎日、山のように採れるトマト。朝・昼・晩に食べて、お裾分けしてもまだ余る。
大玉だけならまだしも、大玉が病気になったときの保険でアイコまで植えちゃった
もんだから(その他にシシリアンもあるし…)、冷蔵庫の野菜室がトマトだらけ。

アイコだけでも一気に消費できないか?と思って、初めて作ってみたガスパチョ。
本当は大玉トマトで作るらしいけど、完熟アイコを使用。
a0008185_8283091.jpg
自分で作っといてナンだが、ダメだ…。どうにも好きになれない味だ。どのレシピを
見ても材料や作り方に大差はないので、恐らくガスパチョっていうのはこういう味の
食べ物(飲み物)なんだろう。食べ物に文句を言わない夫が 『嫌いではないが
好きでもない』 と言うところを見ると、たぶん夫もイヤなんだろうと思われる。この
ガスパチョという料理、ワタシの中で完全に封印された。
a0008185_840154.gif

今年はオクラが過去最高の出来。オクラって九州や四国など、暑い地方が産地
なので、今年の北海道の猛暑もオクラにとって好都合なのかもしれない。うちの
畑のオクラの背丈は、私の身長とほぼ同じくらいまでになっている。今までオクラを
植えてこんなに大きく育ったのは初めてなので、ちょっと驚き。
a0008185_8465797.jpg

毎日、これの倍くらいの本数のオクラが採れるので、塩で板ずりしてから糠床に
突っ込んでおくと、夕方には美味しいオクラの糠漬けの出来上がり。
a0008185_8501783.jpg

a0008185_8552225.gif

現在の大玉トマト(桃太郎)の畝。大玉は24本植えてるので、毎日2個が完熟
すると、一日の収穫数は最低でも48個。久々に言っちゃうが、トマト地獄よっ!
a0008185_8544796.jpg

by mintbox1 | 2010-08-20 08:55 | 畑仕事 | Comments(10)

スイカ入刀

いつ受粉したんだかさっぱりわからないスイカ。とりあえず、一個食べてみようって
ことになり、一番大きいやつを収穫。切るよ!切っちゃうよ!
a0008185_7285410.jpg


ワクワクドキドキ…
by mintbox1 | 2010-08-17 07:40 | 畑仕事 | Comments(16)

空中栽培

初めて挑戦する小玉スイカ(マダーボール)の空中栽培。苗を定植した当初は
棚からぶらんぶらんとぶらさがる小玉スイカを想像しワクワクしたけど、でも実際は
うちの畑のような風の強い場所では、空中栽培は上手くいかないことが判明。

せっかく受粉させ、受粉させた日のタグまでつけた小玉スイカBABYは、ことごとく
風に煽られて痛み、終いには腐って落ちてしまう。ずーっとそんなことが続き、もう
すっかりやる気を無くしてしまっていたある日、受粉した覚えのない実が地べたで
スクスク育っているのを発見した。今まで、棚を作って誘引して、人工授粉させて
タグを付け、腐って落ちて 『もうシラネ…』 ガックリきてたのは何だったのか?と。
a0008185_1547373.jpg


そのうち、棚の上に誘引した実(いつ結実したのかわからないけど)も、そこそこの
大きさまで育ち、ついに念願の 『ネットに入れてぶら下げる』 ことにも成功。
a0008185_15483192.jpg


でもひとつ困ったことが…。うちの畑、小玉スイカの苗を3本植えたのだが、その
わずか3本の苗に合計19個も実が付いているのだ。スイカって実を発見するのが
意外と難しくて、わさわさの葉の下からスイカが突然現れたりするのだ。ホントは
そういう実は間引かなくちゃダメなんだろうけど、ある程度大きく育ってたりすると
間引いてしまうのも忍びなく、『もう、味なんかどうでもいいから、このまま育てて
しまおう』 ということになってしまった。

たぶんまた、水みたいに味の薄いスイカになっちゃうに違いない。そして、そういう
結果をちょっと期待している人もきっと居るはずだ(笑)
by mintbox1 | 2010-08-15 15:57 | 畑仕事 | Comments(4)

冷やし茄子

札幌が真夏日になる日数は、一年間で平均6.7日らしい。今年はきっと、その
日数を既に超えてるに違いない。はぁ…今日も31度だってさ。あ"づい"~!

すこしでも涼しくなるように、最近は冷たい料理ばっかり作っている。でも、冷たい
料理って食べるときは冷たいけど、作る時は暑いんだよね。

これは大量に採れる茄子で作った冷たい一品。茄子の皮をピーラーでするする
剥き、先日買ったコレに並べて入れてチン。熱々の茄子をだし汁に漬け込んで、
冷蔵庫で冷たく冷やし、食べるときに大葉を乗せる。だし汁の中には針生姜と
鷹の爪、鰹節も入ってます。いっぺんに10本くらい作り置きしておくと便利。
a0008185_10195688.jpg

by mintbox1 | 2010-08-10 10:24 | cooking | Comments(8)