人気ブログランキング |

2008年 08月 31日 ( 1 )

トウキビ味来(みらい)

『その甘さは半端じゃない!』 と前評判の高かった味来(みらい)。収穫するのに
ちょうど良い大きさになり、本日の収穫は22本。いくらなんでも22本ってねぇ…。
(ちなみに、この茹で上がったトウキビ、半分は家人が会社へ持って行きました)
a0008185_1120971.jpg

品種的にそうなのか、それとも、奇跡的に受粉が全て上手くいったのか、先っちょ
までしっかり実が入っており、スカスカしたり、先が芯だけになったのは一本もない。

さて、問題の味。甘い!甘いなんてもんじゃない。なんだコレ?ってくらい甘い
糖度計など持ってないから数値的なものはわからないが、上手く作って完熟した
ものは18度になるとか。恐らく私のトウキビもそれに近い数値はあると思われる。
皮を剥いてるだけで、手がベタベタしてくるくらいの糖度だ。初体験の甘さ。

特徴の最たるものは甘さと、果汁たっぷりで果物を食べてるようなジューシーさ。
シャクシャクした食感なので、ムッチリとしたトウキビが好きな人には違和感がある
かも。実際私はムッチリしたトウキビのほうが好きなので、この甘さでムッチリした
品種のトウキビがあればいいなぁ…と思った。生でも食べられるらしいが、やはり
茹でた(茹で時間も短く、5分くらいで大丈夫)ほうが美味しいと思う。

旅番組で、タレントさんが北海道のトウキビ農家へ行き 『生で食べてごらん』 と
言われて、『うっそーん!甘~い!果物みた~い!』 と言ってるのをよく見るが
そのトウキビが、この味来だ。いつもそんな映像を見ながら 『なんと大げさな』 と
思っていたが、私が畑で生で齧ったときに口から出た言葉は、まさしく↑と同じく
『うっそーん!甘~い!果物みた~い!』 だった。

食感で好き・嫌いが分かれるかもしれないし、あまりにも甘いので、昔ながらの
トウキビが好きな人は 『甘過ぎて嫌。ジューシーすぎて嫌』 と思うかもしれない。
完熟しても小さい(15cmくらい)のと、栽培がちょっと面倒(しっかり地温を上げて
から播種・定植しないと発芽率・成長率が悪い)だけど、どんだけ甘いんだ?と
興味を持った人は植えてみる価値、大いにアリです。
by mintbox1 | 2008-08-31 11:52 | 畑仕事 | Comments(22)