人気ブログランキング |

2005年 08月 12日 ( 2 )

きゅうちゃん漬け

大量に採れるキュウリにいつも頭を悩ませている。浅漬けも飽きたし、酢の物も
一度に何本も食べられるわけもなく…。で、あちこちネットを探し回り、これ!と
思ったのが 『キュウリのきゅうちゃん漬け』 という漬物。ほら、袋入りで売っている
醤油味で生姜風味のパリパリ歯ざわりの良いコレ。本当にコレと同じようなのがa0008185_1015055.gif自分で作れるのかなぁ?某所に落ちていたレシピを
参考に作り始めたのだが、これが手間のかかること!
作り始めてから私の口に入るまで、なんと4日間も
かかったのである。面倒くさいこと、この上ナシだ。
作っている間じゅう 『こんなに手間をかけて作って
るけど、その手間に見合うだけの味なのか?』 と
いう思いが、ずっと頭から離れなかったのだが…。


はい、出来上がり!すごーい面倒だったー!味?ウマーイッ!なまらウマーイ!
a0008185_1014374.jpg
どうよ、売ってるものと寸分変わらぬ(?)この出来栄え。味は市販品より塩分
控えめで、ここだけの話、お手製のほうがずぅ~っと美味しい。いや、ホントにさ。
以下がレシピです。かなり面倒ですが、根性のある方はぜひ作ってみてください。

≪キュウリのきゅうちゃん漬け・レシピ≫
【材料】 キュウリ・15本  生姜・1片  鷹の爪・2本  日本酒・1カップ  
醤油・90cc 出汁醤油90cc みりん・半カップ 酢・50CC 昆布・5cm 

(赤字は漬込み液の調味料です)
1・大鍋にお湯を沸騰させキュウリ15本を入れ、丸一日置いておく。

2・次の日キュウリを取り出して、鍋の水をもう一度沸騰させ、取り出した
キュウリをまた鍋に戻し、丸一日置いておく。

3・上記工程を、もう一度くりかえす。(ここで3日目。段々イヤになってくる)

4・取り出したキュウリを1cm位の輪切りにし、水分を絞る。ひたすら絞る。
(鍋から出したばかりのキュウリを食べると、フニャフニャしてとても不味い。
これがパリパリになるとは思えず、ちょっと気持ちが萎えるのだが、水分を
絞りきったキュウリは、驚くほどパリパリだ!どれくらい水分を絞れるかで
明暗が分かれるのかも。ちなみに私は コレ でギュウギュウ絞りました。

5・漬込液(赤字)の材料を鍋で煮立たせて火を止め、そこに水分を絞った
キュウリ、千切りの生姜、鷹の爪を入れ、キュウリが完全に液に浸かるように
落し蓋をし、液が冷めるまで置いておく。すっかり冷めたらキュウリを取り出し
再び漬込液を沸騰させキュウリを入れる。(これを合計3回繰り返す)

正直、イヤになるほど面倒だった。でもこの美味しさは本当に作る価値アリだ。
出来上がった後に色々調べてみたのだが、もっと簡単な作り方もあるようだ。
どうやら私は、一番面倒な作り方でチャレンジしたみたい。でもきっと、手間が 
かかった分、他の作り方のより美味しいんじゃないかと思っちゃったりして…。
by mintbox1 | 2005-08-12 11:04 | cooking | Comments(10)

アライグマ対策

私が借りている市民農園は、去年も一昨年もトウキビをアライグマに食べられる
被害が出ていて、皆それぞれにトウキビの周りに防風ネットを張り巡らしたりして
アライグマ対策をしている。隣の畑の爺ちゃんも、2年続けて一本残らず食べら
れてしまっているので、今年はどうするのかと思っていたのだが、今朝畑に行って
みたら、爺ちゃんの畑は要塞と化していた。トウキビの周りをぐるりと囲むネット。
正直トウキビがあまり好きではない私は、どうしてここまでしてトウキビを作るのか
イマイチわからない。もはや 『食べたい』 という欲望よりも食うか食われるかの戦
であり、アライグマを相手に農耕民族の血がフツフツと沸き立っているのかもな。
a0008185_9425922.jpg
齢80超(推定)にして、炎天下の中この要塞を3時間で作り上げたんだそうな。
恐るべし、ジイ様パワー。でも、あんまり無理しないでね。ある日、畑に行って
みたら爺ちゃんが息絶えていた…なんていうのはシャレにもなんないから。
by mintbox1 | 2005-08-12 09:50 | 畑仕事 | Comments(4)