人気ブログランキング |

このCMを初めて見た時

第一弾・茶柱編   

1・おばあちゃん、お茶をふたつ淹れる。
2・ひとつをおじいちゃんへ。
3・おばあちゃん、席を立つ。
4・おじいちゃん、ふたつのお茶を見比べる。
5・おじいちゃん、自分のお茶とおばあちゃんのお茶を取り替える。

婆さんめ、きっとワシの茶に毒を盛ったに違いない。
ワシはそんなことも見抜けぬほどの間抜けじゃないわい。
やられる前にやる。悪く思うな、婆さん。


こういう流れになるだろうと予測したのは私だけでしょうか。
実際の結末を見て、そんな自分を恥じました。
Commented by bhaus at 2004-07-26 15:19
そもそもおじいさんの口調が悪代官風です。時代劇の見過ぎでは。
Commented by mintbox1 at 2004-07-26 15:50
あ、今読み返したらバリバリ時代劇風でした。
今時「間抜けじゃないわい」って。わいって。毒を盛るって。
でもまぁ、ニュアンス的にはそういうことですよ。
婆さんが爺さんにやられる、という流れ。
Commented by sivaxxxx at 2004-07-26 21:03
「布団篇」、あんな寒い部屋で幼い兄妹が寝ているというのに、
ダスキンとってる場合なのか、まずストーブを!と思ってしまうのは、私だけでしょうか。

Commented by mintbox1 at 2004-07-26 21:23
>sivaxxxxさん
肖像画編も、あそこまで頑なに入室を拒まれたら、部屋の中に別の
女性を隠してると思って無理にでも部屋に踏み込むだろう、普通。
と思います。
by mintbox1 | 2004-07-26 13:34 | 雑談 | Comments(4)