人気ブログランキング |

危なかった…

昨日、お向かいのお爺ちゃんが小松菜をお裾分けしてくれた。その際、『こちらの
畑ではどうして誰もビニールでトンネル掛けをしないんですか?』
と聞いてみた。
お爺ちゃん曰く 『こっちは朝晩の気温は低いが、日中の日差しが強いし気温も
高いのでビニールでトンネルを掛けたら、暑くて苗が焼けてしまう。だからみんな
ポァポァ(お爺ちゃんはパオパオのことをポァポァと言う)を使うんだよ』
とのこと。

ガ━━━(゚Д゚;)━━━ン!そんなことを聞いちゃったら、ビニールなんぞ掛けとく
わけにはいかないので、今朝、畑に行ってビニールをパオパオに掛け替えてきた。
せっかく植えた苗が危なく焼け死ぬとこだった。爺ちゃん、教えてくれてありがとう。

明日から金曜日まで、ヤボ用で札幌へ行くのでしばらくは畑仕事ともお別れ。
帰ってくるまでにトウキビが発芽してると嬉しいなー。
Commented by shogame2 at 2007-06-04 20:05
私もビニールトンネルでは、あまり上手く行ったことないような気がします。
焼けてしまったことはないですが、夜と昼間の寒暖の差が激しくなるので、昼間蒸れてよるしなびてしまう。って感じで。
上手くいったのはホウレンソウだけでしたが、それも油断していたらトウが立ってしまいました。
私は、サンサンネットと言うのを使っています。
これならおじいちゃん「ンサンサネット」とは言わないでしょうね。
畑も作付けがしっかり決まって、又楽しい畑生活ですね。
私としては、今年あまり出来なかったスナップえんどうが妙に光って見えます。
Commented by mintbox1 at 2007-06-04 21:11
>shogame2さん
きっと、その土地なりに主流になってる育て方があるんでしょうね。
以前住んでたところでは、ナス科の野菜はほとんどビニールで
トンネルしていました。トマトなんかはギリギリまでトンネル掛けして
おくほうが上手く育ちました。私が去年、トマトのトンネルを外したのが
6月30日です。それを考えると、本当にパオパオだけで防寒できるん
だろうか?って、ちょっと不安になります。

ンサンサネットは言い難いので、きっと何かしら違う言い方を編み出すんだろうと思いますよ。お年寄りって、カタカナが苦手ですもんねー。私の
死んだ祖母は、スパゲッティーのことを『スバケテ』と言ってましたw

今日、畑を見てきたらスナップエンドウが3センチほど発芽してました!
去年の3分の一くらいしか植えてないので、地獄にはなりませんが
でも飽き飽きするくらいは採れるといいなー。
Commented by herb_berb at 2007-06-04 22:59
こんにちは。
えー!暑くて苗が焼けちゃうんですか〜? 知らなかったです(^^;

私は、ビニールのトンネルはしたことがないんですけれど、
たまに見かけたりします〜。
暑い日は、風が通るように少し開けて調節されているようでした。
その光景を見て、畑でトンネルをしたことがありません(^^;
細やかな配慮ができないタイプなので…(笑)。

パオパオは苗作りのときに、ポット苗の上にかぶせてます♪
でも、水やり以外は、ずっとパオパオはかけっぱなしです…。
Commented by ギシコフ at 2007-06-05 12:24 x
こんにちは。
もしご存知でしたら教えていただけませんか?

ビニールトンネルの目的は「涼しい時期から定植して生育期間を長くして収量アップさせる」と勝手に解釈していました。本当はどうなんでしょうか?
というのは、最近大きな穴(直径5cmくらい)のあいたトンネル用の透明ビニールを見かけるようになり「保温も大切だけと通気性も大切ってことか?」などと考えていたところです。
ヒントだけでも教えていただけると助かります。
不躾なお願いで申し訳ありません。
Commented by キキママ at 2007-06-05 13:19 x
私の畑のナスとトマトは、娘のひょうたんの苗に追いやられて端のほうで何とか育っています。お爺ちゃん可愛いわね♪今は亡き祖母も映画が好きで良く見ていましたが、アクション物を見ると「スルリがあって面白かった」とよく言っていました。。。スリルだよ!おばあちゃん(^_^)v
Commented by ちえぴょん at 2007-06-05 14:56 x
家の子はスパゲッティを未だに「スタベッティ」、DVDを「ドゥドゥビー」といっているけどかわいいから訂正せず我が家の常識にしてるよっ。

ところでパオパオって野良仕事用語なの?
あたし初めて聞いた!パオパオ?ふふふっかわいいねぇ。
mintboxさんのところに作付け図と畑の写真がアップされてこれでみんな出揃った2007年の初夏!!って感じ。
今年も色々事件があると思うけど(何があるんだ?)がんばろーねー。
Commented by tiny_zucky at 2007-06-06 00:05
パオパオって商標だったと思いますよ。不織布のことですよね?・・・って勝手に答えちゃった。私はパオパオもサンサンネットもビニールトンネルもそれなりに使いますねえ。ウチのほうでは、シルバーのマルチをしてる人が誰もいなくって、私だけ使っているので目立つらしいです。mintさんもちえぴょんさんもシルバーでしたね。ちょっとうれしいかも。
Commented by mintbox1 at 2007-06-08 13:12
>ふぅさん
焼けるっていうとボーボー燃えちゃう感じがしますよねw
ビニールでトンネルをかけると、日差しが強い日にはビニールの中は
60度以上になっちゃうんじゃないかと思います。家の前とか、すぐに
手を掛けられるところに畑があると、ビニールのトンネルでも調節できる
ので、良いんですけどねー。

私はパオパオの上から水遣りしちゃいますw
Commented by mintbox1 at 2007-06-08 13:19
>ギシコフ さん
札幌の実家に行ってので、お返事が遅れて申し訳ありませんでした。

ビニールのトンネルは、その土地によって用途というか設置する目的は
違うんじゃないか?って思います。単純な話、ビニールハウスを超小型に
したようなものなので、北海道の場合の主の目的は『夏野菜の苗を保護
するため』だと思います。ちょうど苗を植えるGW明けくらいには、朝晩は
10度以下になるので、何かで保護しなければ寒さで苗が傷んでしまう
ので…。でも、日中は20度以上になったりもするので、温度調節用の
穴を開けないと、今度は暑さでダメになってしまいます。私は北海道の
場合しかわかりませんが、北海道以外ではトンネルを掛けることで
収穫量は上がるんじゃないか?と思います。

ビニールトンネルの穴は、通気性というより温度調節と水遣り用の穴
なんじゃないかと思います。私もあまり詳しくないので、満足して
いただけるようなお返事ができずにごめんなさい。
Commented by mintbox1 at 2007-06-08 13:25
>キキママさん
何度も読み返して笑っちゃいました!スルリって可愛いですねー。
お年寄りって、おしなべてディスコのことを『デスコ』って言いますねw
私がOLをやってた時の先輩(自称:英語に堪能)は、『私ってさぁ~
ボブギャラリーが豊富なヒトだからぁ~』って言ってました。ボブって。
Commented by mintbox1 at 2007-06-08 13:29
>ちえぴょんさん
スタベッティって、スパゲッティーよりもずっと美味しそうですねー。
ドゥドゥビーはファンキーな感じがして良いわー。私の甥っ子は、
テレビをテベリと言ってました。私は小さい頃、ヘリコプターを
ヘコリプターって言ってたわw

パオパオは、ズッキィーさんが教えてくれたとおり不織布のことです。
色んな商品名で売ってるけど、こちらでは不織布のことは、なんでも
パオパオって言うみたい。あ、向かいのお爺ちゃんはポァポァって
言うけれどw
Commented by mintbox1 at 2007-06-08 13:32
>ズッキィさん
私は今年初めてシルバーのマルチを敷いてみたんだけど、これって
どんな感じですか?やっぱり、虫は来ないのかなぁ。黒いマルチに
銀色のラインが入ってるのもありますよね。今年、銀色のを使ってみて
虫が寄ってこないようなら、来年からもずーっと銀マルチにしようと
思ってます。前に透明マルチを敷いたことがあったんだけど、あれは
マルチの下に雑草がボーボー生えちゃって大変でした。
Commented by ギシコフ at 2007-06-10 15:45 x
ご丁寧にお返事いただきまして恐縮です。
じつは去年トンネルで失敗しており、それでとても興味があったのです。
でも、いきなり質問なんかしてちょっと場違いでもあったかな~と反省しています。

「重要なのは温度管理なのでは?」というご意見いただきましたが、私も自分の失敗から思い当たるフシがあり、なるほど~と思いました。

もうちょっと掘り下げて調べたり試してみようと思います。ありがとうございました。
Commented by mintbox1 at 2007-06-11 09:55
>ギシコフさん
場違いだなんて、とんでもないです。私もいつも、わからないことが
あったら、このブログで知り合った方たちのところで、色々と聞いて
います。そういう交流が、また楽しいんですよねー。ギシコフさんも
どうぞ遠慮なく何でも聞いてください。って言っても、私もまだまだ
わからないことだらけですけどねw

やっぱり上手に野菜を育てるコツは、温度管理に尽きるんじゃないで
しょうか。プランター栽培の場合は水も重要ですけど。野菜に旬が
あるってことは、適した温度じゃないと育たないってことですもんね。

ギシコフさんの実験農法(ごめんなさい、勝手に命名しちゃいました)は
いつ見ても楽しいです。なんていうか『男の野菜作り!』って感じが
します。
Commented by ギシコフ at 2007-06-16 07:25 x
ご命名、ありがたく頂戴いたします。

いつの日か「人呼んで”実験農法のギシコフ”、とはオレ様のことじゃああー!」
と叫んでみたいです(笑)

ついでに『男の野菜作り!』などと、(気のせいか)お褒めいただきうれしいです。ならば、収穫の最盛期には『男の野菜祭り!』としたいです。

すみません、くだらないことをいいたい年頃なのでご容赦ください。

冗談はさておき、北の大地で野菜作りをされているmintboxさんがおしゃる「温度管理に尽きる」は説得力がありますね。

ガラスの棒状の温度計を5本使っていましたが、やはり「管理」の水準までもってくためには・・・と考えてデジタル温度計(最高・最低のメモリー機能付き)を入手しました。ご意見いただきましてどうもありがとうございました。



Commented by mintbox1 at 2007-06-17 10:03
>ギシコフさん
温度管理なんて偉そうなことを言いましたが、実際のところは『カッコウが
鳴いたから、そろそろ苗を植えよう』程度のことでして、温度計で温度を
計ったりなんてことはしたことありません。北海道は6月の初旬に遅霜が
降りることがあるのですが、いくらビニールトンネルを掛けてたとしても
霜が降りれば、全ての苗がダメになってしまうので、苗の間だけは
やはり気温には神経質になっちゃいますね。
by mintbox1 | 2007-06-04 15:53 | 畑仕事 | Comments(16)