人気ブログランキング |

文通相手

今月初め、以前住んでいたとこの 『お向いの畑の爺ちゃん』 からハガキが来た。
「引継いだ野菜は、収穫も全て終わり支柱の撤去作業も終了しました」 という
もの。爺ちゃんにはすっかりお世話になってしまったので、そのハガキを貰った後に
お礼のハガキと六花亭のお菓子を送った。そして、そのお菓子のお礼のハガキが
届いて、そのハガキに私が返事を書き…。私、82才の爺ちゃんと文通してます。
ただ一つ困ったことは、私のペンパル(古っ!)は余りに達筆すぎて、書いている
内容の8割程度しか読めないことだ。2割はホニャララがホニャララで、みたいな。
a0008185_15293335.jpg
ハガキによると、爺ちゃんはずーっと保護司の仕事をやってきたので(たぶん…)
何かで困っている人がいると放っておくわけにはいかず(たぶん…)、いつだって
そういう仕事を引き受けてきたが(たぶん…)、それに対してこんなふうにお礼を
いただくなんて恐縮至極であり(たぶん…)、私からすれば御茶の子さいさいの
作業だったんだけど(たぶん…)、このお菓子は美味しく頂きました(たぶん…)
みたいなことが書いてあった(たぶん…)。なぜ『たぶん』かと言うと、爺ちゃんは
達筆なので、解読不能なホニャララの部分は推測するしかないからである。
いや、でもホントにそんなようなことが書いてあったよ。たぶん。そして、来年の
収穫時期には、爺ちゃんの畑で採れた野菜を私に送ってくれるらしい。たぶん。

なんだか最近、爺ちゃん限定でモテモテの私である。
Commented by horsemint at 2006-11-27 16:17
笑いすぎで息苦しいです。
8割わかれば大丈夫だと思います。たぶん・・・w
畑で知り合った美しき女性と文通できて、
お爺ちゃんルンルン気分なんだろうなあ~。
Commented by kalut at 2006-11-27 16:44 x
うわーマジで読めません!すげー達筆ですねー
丁寧なお手紙をみていると爺ちゃんの品のよさがわかりますね。
爺ちゃん、麗しき女性に親切にしてもらって、うれしかったんでしょうねー。

むかーしむかし高校生くらいのときに、近所に住む独り暮らしのおばあさんに「こんにちは」と挨拶をしたら、その日の夕方、うちにお菓子がどっさり届いたことがありました。「こんな老人に挨拶してくれるなんてイイ娘さんだ…」とかなんとか言ってました。なんだかせつないなーと思いましたよ。
Commented by hirokichi_fire at 2006-11-27 17:06
たぶん、じいちゃんうれしくて仕方がないと思うよ。
だんだん読めるようになりますよ。きっと。
そして普通に読めるようになった暁には古文書解読団に任命いたします(笑)。
Commented by shogame2 at 2006-11-27 21:21
久々に見ましたね。達筆!しかも文面から品の良さと、教養の高さがうかがえます。良いですね。あちらのお爺ちゃんもきっと嬉しいんだと思いますよ。
ウチの本家の奥様も達筆で、盆暮れの付け届けをすると必ず奥様からお礼の手紙をちょうだいしました。女性のせいか、さらに崩したような「源氏物語の原文」のような毛筆の文字で、旦那さんと頭を付き合わせても半分くらいしか読めませんでした。昔の人は、どうしてこう達筆なんでしょうか。
でもうちの父は、80才近いですが、どういう訳か、丸文字です。
かなり笑えます。
Commented by mikeblog at 2006-11-27 21:53
こんばんは。ほんとに久しぶりで拝見しました。こういうちゃんとしたお手紙を頂けるのはミントさんのお人柄ですよ。すばらしい! うちの家族ときたら全員クセ字で自信を持って下手なので、こういう字にあこがれます~。
Commented by echalote at 2006-11-28 04:42 x
 これは、数独より手ごわいかもしれませんね。ぶははは~。

 mintboxさんの「たぶん」の解釈、訳をお手紙にしたためましてですね、、、「このように解釈してみましたが、これでよろしゅうございますか?」なんてお返事差し上げたら、この爺様(旧お向かい爺ちゃんと呼びますか?!)お喜びになりましてですね、、、mintboxさんのモテモテ度もアップしてですね、、、そうだ、お隣の曲者爺様ともペンパルになって文通してみたら、仲良くなれたりして~。ぶはははは~。

 なんて、最近調子に乗ってふざけすぎております。
でも、このお爺ちゃんがちゃんと野菜を引き継いでくれて、撤去作業もしてくれて、ほんとによかったね~。
Commented by mintbox1 at 2006-11-28 15:40
>horsemintさん
良くて8割、平均すると7割5分ってところでしょうかねぇ…。
美しいだなんてとんでもない。若いっつっても85歳の爺ちゃんよりは
いくらか若いってくらいですからw
Commented by mintbox1 at 2006-11-28 15:43
>kalutさん
ホント、達筆でしょう?私、字のことはよくわかんないですが、これは
間違いなく達筆なんだと思います。品が良い!まさに、爺ちゃんには
ぴったりの言葉です。なんかね、そこはかとなく品のよさが伝わって
くる爺様なんですわ。

ご近所の御婆さんは、kalutさんに優しくしてもらって嬉しかったんで
しょうね。そしてkalutさんの本質がわかったんだと思います。だって
年寄りって、そういうところは敏感ですもんね。でも、年寄りってのは
ちょっとした詐欺にも引っ掛かっちゃうんですけどね。
Commented by mintbox1 at 2006-11-28 15:45
>hirokichi_fireさん
私がコレを、いつかは読めるようになるんでしょうか…。
なんでも鑑定団に出てくる古文書解読する人なんかを見てると
暗号を解いてるようにしか見えませんよねー。それくらいのレベルに
なるまで精進します!
Commented by mintbox1 at 2006-11-28 15:50
>shogame2さん
爺ちゃん、保護司をやってたところを見ると、きっと若かりし頃は
ひとかどの人物だったんじゃないか?と思います。今の時代って
何か頂き物をすると電話でお礼を言っちゃうのがほとんどですが
(だって、電話でお礼を言うと一回きりでいいから)、こうやって
手紙来て、返事書いて、また手紙来て…っていうのが、ちょっと
懐かしい感じがします。

ごめんなさい。今、コーヒーを飲みながらレスしてるのですが、この
『でもうちの父は、80才近いですが、どういう訳か、丸文字です。』を
読んで、思いっきりコーヒー吹きました。あぁ、すっかりツボにハマって
しまいました。お願い、これ以上笑わせないでー!
Commented by mintbox1 at 2006-11-28 15:52
>ミケさん
いえいえ、私の人柄だなんてとんでもない。これは、私じゃなくて
爺ちゃんが義理堅くて、根っからの善人だからなのだと思います。
私も字は自慢できませんわー。っていうか、最近 『字』 を書くことすら
あんまりしてないなぁ。PCばっかり使ってるせいか、いざ字を書こうと
したら、漢字がなかなか出てこなくなっちゃいました。
Commented by mintbox1 at 2006-11-28 15:57
>echaloteさん
数独もかなり苦手ですが、こういう解読物も苦手です。私の友人に
「ヘタ過ぎて解読不可能」ってのがおりますが、こういう「上手過ぎて
解読不可能」っていうのも、ちょっと別の意味で困っちゃいますね。

爺ちゃんには「私が爺ちゃんを見習って毎朝ウォーキングに励んで
おり、そのお陰で体調がすこぶる良い」ということを知らせました。
爺ちゃん、それはそれは喜んでくれましたよ。でもホントに、爺ちゃんに
刺激を受けなかったら毎朝歩こうっていう気持ちにならなかったかも
知れないです。

隣の爺様ねぇ…。大きな声じゃ言えませんが、私んちのお隣…ゴミ屋敷
状態なんですよぅ(泣)
Commented by dune-planet at 2006-11-28 19:47
だいたい ペンパルってことばを思い出したのが エラい!
完全に忘れてました
確か千葉と沖縄にペンパルがむかしむかしおりまして ・・
まっその話はいいとして
ヘタすぎて読めないのは 出直しておいでってうっちゃっておけますが
達筆で読めないのは困ったものです
掛け軸がかかっていても絵を鑑賞してるのと同じです
Commented by うらべに at 2006-11-29 09:39 x
私、お爺ちゃんお婆ちゃんとお話しするのが好きです。かといって嫁の悪口を聞きたいのではありません。ヒトカドの方の来し方は、魅力的です。
当地のオバア(こんな風に呼ぶんです)は、織り子で奉公した等の経験をお持ちです。我が身も、ヒトカドの事を身につけて追いたいと思います。
Commented by mintbox1 at 2006-11-29 14:02
> dune-planet さん
昔の雑誌には、『ペンパル募集』なんてコーナーがありましたねぇ。
私は筆不精で飽きっぽいタチだったので、いっぺんもペンパル募集の
人にお手紙書いたことありませんけどね。

ヘタクソで読めないのはヘタクソな人の責任ですが、達筆すぎて
読めないのはコチラの責任ですもんね。ホントは爺ちゃんには
「こっちのレベルに合わせた文字で何卒ひとつ…」とお願いしたいです。
Commented by mintbox1 at 2006-11-29 14:08
>うらべにさん
私などは、この先も人様から『ヒトカドの人物』などと思われることなど
決してなさそうですが、お爺ちゃんにしても、お婆ちゃんにしても、若い
人が知らないことを知ってる、っていうのがスゴイなぁと思います。
伊達に歳くってんじゃないんだな、って…。無人島に放り出されたら
明らかにお年寄りのほうが長生きしそうですもん。
by mintbox1 | 2006-11-27 15:45 | 雑談 | Comments(16)