モヤモヤした気持ち

イラクで人質になっている少年とその親。

世界中で最も危険な地域に丸腰で乗り込み人質となった少年。
我が子の無鉄砲さを棚にあげ、ことの責任を日本政府になすり付ける親。
挙句の果てに、自分達が世論を動かすことができると本気で思っているかのようなあの不遜な態度。

自分の子供をどう育てようが、それは他人が口を挟むことではないだろう。でも、あの少年の親は、彼の柔らかい脳味噌に“思想や価値観”を植えつける前に人間として一番大切な約束事を教えるべきではなかったか。

日本国民の全てが自衛隊派遣に反対しているかのようなマスコミの偏向報道にも、いい加減ウンザリだ。少なくとも、私の周りにいる人は誰一人として、自衛隊は撤退すべし、などと言ってる人はいない。

同じ日本人として、人質になった彼等が無事に開放されることを心から願っている。家族の人達の心痛だってわかるし、自分が彼らの立場になった時のことを想像することだってできる。


でも…。


自衛隊派遣の是非や、自衛隊撤退運動などは別の場所で別の機会にやってくれ!と、最近こんなことを思いながらモヤモヤした気持ちで過ごしている私なのでした。
[PR]
by mintbox1 | 2004-04-14 12:31 | 雑談